bis

bis

Column

Column / 2019.03.19

大切な人へのギフトに!春の訪れが楽しみになる黄色いバラのアレンジ♡

お花が教えてくれる毎日の少しのハピネス。1種のお花をフィーチャーしたフラワーアレンジと、そこからインスパイアされたイラストレーションをお届けする連載企画。今月は春の訪れが楽しみになるバラのアレンジを紹介します。
 

Jeanne D`Arc -ジャンヌ・ダルク-


 

今月のイラストレーション by TOMOKO FUJII

 
「なんて勇敢で可憐な名前のバラ!と思いました。花咲く春は別れの季節でもありますから、隣にいたあの子も冒険の旅に出ることがあるかもしれません。そんな場面で“ジャンヌ・ダルク”の花束を贈れたらと思いました。新しい日々の中でも困難に勇ましく立ち向かっていけますようにと願いを込めて。イラストはその想いを手紙にしたためている羽根ペンを描きました」

 

TOMOKO FUJII

藤井友子/1988年生まれ。東京を拠点に活動するイラストレーター。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。広告・書籍・雑誌などのフィールドでイラストを制作し、その活動は多岐にわたる。中性的なタッチとストーリー性のある世界観に定評がある。
tomokofujiipages.com

 

Flowers styling by ル・ベスベ

「3月からはバラが一番きれいに咲く季節。香りがとてもいいのがジャンヌ・ダルクという品種です。ゼラニウムと合わせて、香りも楽しめるブーケに。ガーデンローズのような印象を持つカップ咲きのバラは、ナチュラルな草花と合わせることで、摘んできた花束のような自然な雰囲気に仕上がります。涼しげなガラス花器を合わせて、爽やかな春の始まりを感じてください」

 

shop info:ル・ベスベ

ファッション関係者にもファンが多い、南青山の路地に入ったところに位置する隠れ家のような「ル・ベスべ」。フラワーデザイナー、高橋郁代さんが1997年にお店をオープン。生き生きとした緑に囲まれた店内には旬の花々がひしめくように並ぶ。
「季節の移り変わりを大切に、贈る人の想いを伝える花屋」がコンセプト。

ル・ベスベ 東京都港区南青山7-9-3
☎︎03-5469-5438

  • photo

    Asa Sato

  • text・edit

    Sakiko Fukuhara

  • Web Edit

    Mayu Ohata